ブログ運営 雑学

【解決】日本語ドメインをアナリティクスに登録できなかった!

日本語ドメインのサイトを作ったので、グーグルアナリティクスに登録しようと新しいアカウントを作ろうと思ったのですが、『デフォルトの URL が無効です。』となってしまって新しいアカウントが作れませんでした。そこで、登録方法を備忘録的に残そうと思います。

日本語ドメインをPunycodoにして登録

どうやら調べていると、日本語ドメインはPunycodeというアルファベットの羅列に変更されるとのことでした。厳密にいうと、日本語ドメインに見えてもPunycodeを変換して表示しているらしいです。

 

私のようにあまりプログラムに細かい知識がないという人もいると思いますが、このPunycode、Xサーバーの場合にはドメインを追加したときに日本語ドメインの下に()として表示してありました。

 

このPunycodeを、グーグルアナリティクスに記載したところ登録することが無事にできました。もちろんちゃんと反応もしました。

日本語ドメインをPunycodeに変換する

おそらくどのレンタルサーバーでも日本語ドメインの近くにこのPunycodeが記載されていると思いますがこのPunycodeは簡単に調べることができます。

スポンサードリンク

ワードプレスの場合

投稿の編集画面でタイトルと本文を書いた段階から、パーマリンクが表示されます。そのパーマリンクはPunycodeで表示されているので簡単にPunycodeを知ることができます。

 

他には、設定→パーマリンクの設定でも日本語の部分がPunycodeで記載されているので確認することが可能です。

ワードプレス以外の場合

私はワードプレス以外で現在サイトを運営していないので、ワードプレス以外の方の確認方法は詳細に記載することはできません。

 

しかし、こちらのサイトを利用すると簡単にあなたの日本語ドメインを変換して知ることができるので是非使ってみて下さい。

日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換

日本語ドメインとPunycodeは同じものと扱う

グーグルは日本語ドメインとPunycodeを同一のものとして扱っていることがウェブマスターツール公式ヘルプフォーラムで公表されています。ページランクもどちらを使っても同じ評価を受けるということです。

⇒詳しくは参考サイト:海外SEO情報ブログをご覧ください。

スポンサードリンク

-ブログ運営, 雑学
-