新米クンの雑記帳

ニキビ跡にダメな化粧水ってあるの?

   

 

1ニキビ跡は3タイプ

ニキビ跡は大きく分けて3タイプあります。「赤みが残る」「色素沈着」「クレーター」ができるものです。ニキビ跡を消すためにはまず、自分のニキビ跡がどのタイプのものなのか把握することが必要となります。それは、ニキビ跡のタイプによってその対処法が異なるからです。これを間違えてしまうとかえって悪化させてしまう恐れがあります。特に注意したいのはクレータータイプのニキビ跡です。赤みや色素沈着は肌の正常なターンオーバーによって少しずつ薄くなっていくのですが、クレータータイプは肌組織が壊れてしまっているので治るまでに時間がかかります。なかなか治らないからといって色々な治療法をあれこれ試しているうちにどんどん悪化させてしまうのが多いのもこのタイプです。

2ニキビができるのはオイリー肌だからは違う

ニキビができるのはオイリー肌だからだと思っていませんか?思春期ニキビの場合であればそれは正しいです。しかし、大人ニキビの原因の主な原因は乾燥だと言われています。特にニキビ跡ができやすい人は「インナードライ肌」の傾向があると言われています。インナードライとは、肌の内部が乾燥している状態で、体はその状態を改善しようとどんどん皮脂を分泌してしまい、その結果、肌が脂っぽくベタベタしてしまう、というものです。

その結果として、肌が油っぽくなってしまうのがその勘違いの原因です。

ここが重要なのですが、あなたがオイリー肌だと思っていて化粧水をさっぱり系のものにしている場合には乾燥が促進されていき、インナードライとなり、肌がベトツキ、ニキビの原因となるという悪循環を引き起こしている可能性があります。

3ニキビ跡にダメな化粧水の特徴

ニキビ跡には肌への刺激が少なく、保湿成分がたっぷり配合された化粧水を選ぶと効果的です。逆にNGなのは肌につけるとスーッとするようなアルコールを含んだ化粧水です。アルコールを含んだ化粧水はさっぱりとして気持ちよいのですが、肌の乾燥を悪化させてしまうためニキビ跡にはよくないんですね。

添加物、中でも石油系合成界面活性剤が入っている化粧水も肌のバリア機能を低下させてしまうためニキビ跡にはよくありません。

スポンサードリンク

また、ピーリングタイプの化粧水は古い角質を溶かすので考えものです。というのも、コットンなどに含ませて拭き取るタイプのものだと、薬剤と拭き取るときの摩擦の二つの刺激でニキビ跡に影響を与えてしまうからです。ですが、ピーリングを行うことは効果があるので、医師の指導のもとやるのが一番だと思います。


この記事を見られた方はこちらも見ています

 - 雑学