行事・イベント

結婚式に白色のハンカチはマナー違反?

2016/05/23

109321結婚式といえば御祝いの席ですけど、白色ハンカチには「縁を切る」という意味合いがあり、お祝いごとの贈り物としてはタブー視されています。

 

ですが、うれし涙のように結婚式では涙を拭くという意味にはポジティブな意味があり、白色のハンカチも持って行っていいような気もしませんか?

 

また、主役である新郎新婦のハンカチが白色ですから参加者が使っていいものなのでしょうか?

 

そこで今回は結婚式にはどんな色のハンカチがふさわしいか調べてみました。

関連⇒土日に新札を入手する方法

違反?

よくある勘違いとして、結婚式では花嫁以外は白を身につけてはいけないというものがあります。

スポンサードリンク

 

 

そのせいでよく白いハンカチや靴、バックにも白色を使ってはいけないんだと思ってしまう方が結構いるようです。

 

 

しかし、これは服装のことを言っているのであって、身につけている靴や小物類については使用していいというのが本当のところなんです。

 

 

ですから、あなたが真珠(白)のネックレスや白色のハンカチ、白色のバックを使えないと思う必要はありません。

 

 

ということなので別に白いハンカチを使うことは縁起が悪いものとして嫌がられているわけではないようです。

 

ですから、白色のハンカチはマナー違反ではありません

色に制限はないの?

104950

さて、白色のハンカチは結婚式に持って行ってもマナー違反ではないようですけど、どんな色のハンカチならいいのでしょうか?結論から言えばハンカチは黒色以外なら何色でもいいです。

 

しかし、暗めの色は極力避けるべきなようです。とにかく明るい席なので明るい色を選ぶべきなんです。

 

そんな理由で一番いい色は白色になります。やはり、黒色は闇の色ですから嫌な印象がするということで、やめておいた方が無難です。

 

 

しかし、スーツなどの場合には黒色のものでもいいようなので、そこはマナーとして割り切る必要があります。

 

 

白色がハンカチとして一番いい色ですがやはり、出席した時の服装のあっているハンカチの色がベストです。男性であれば、ネクタイの色に合わせてハンカチの色を選ぶのが普通です。

 

 

ですから、ほとんどの方が白色のネクタイを締めていくと思いますので、白色のハンカチを選ぶのがいいことになります。

どんなハンカチがいいの?

結婚式に持っていくハンカチは無地のものか、ちょっとした刺繍がされているものがいいです。綿か麻の上品な感じのハンカチで、女性であればレースがついているものがいいです。

 

避けなければいけないもの

  1. タオルハンカチ
  2. 派手な柄のもの
  3. 黒色のもの
  4. 普段使っているしわしわのもの
  5. 大きいもの

 

1.タオルハンカチはきちっとした服装をしているので結婚式場ではかなり浮いてしまいます。

使うのではあればバックの中に忍ばせておいてメインとしては使わないようにしましょう。

どうしても涙が止まらないときにさっと出して使うくらいならいいと思います。

2.やはり小物というものは目立ちますから、派手なものや清潔感がないものは結婚式で使用するのはやめた方がいいです。

大きいものも同じように目立ちますから使用するべきではありません。

おすすめ

結婚式には白色のハンカチを2枚持って行きましょう。

 

1枚は自分が使うもの2枚目は他人のために使う等に使います。

 

そうすることで、1枚は人に使ってあげたり、服などにしみが付いたときのシミ抜きに使えたり、椅子の上にひいたりいろいろな使い方ができますよ。

 

ぜひ2枚持って行って見てくださいね。

 

最後に

白色のハンカチを参加者が使うことは全く問題なく、むしろ一番使うべきもののようです。ですが、贈り物としてハンカチを送ることは結婚式であっても日本ではどうやらタブーのようです。日本ではハンカチを送ることは「手を切る、別れる、涙を拭く」という意味があり、繋がりを切る意味があるので引き出物につるのもやめた方がよさそうです。なにか異なったイベント的な意味などを付けてキチンと説明を加えるなどの工夫をすれば意味を気にする必要もないかもしれませんが・・・。どのみち日本の慣習ですから気にしないという方は問題ないと思われます。

関連⇒土日に新札を入手する方法

スポンサードリンク
関連記事&スポンサーリンク

-行事・イベント
-,